ボトックスで小顔になってみない?【小顔矯正で使用する製剤】

美容整形のおすすめ

看護師

クリニックや内容が重要

小顔矯正を受ける時には、まずカウンセリングが充実しているクリニックを選びましょう。カウンセリングでさまざまな症例やシミュレーションを交えながら詳しく施術についての説明をしてくれるクリニックなら任せても安心です。またカウンセリングでは患者側の方から質問もできますが、それにひとつひとつ丁寧に答えてくれるドクターがいるクリニックもおすすめできます。説明に的確にこたえられるということは、ボトックスの小顔矯正の知識がしっかり身についているということでもあるはずです。加えて患者側に対して真摯に対応してくれるという証明にもなるでしょう。あとはアフターケアの制度があることや、症例を多くこなしているドクターであることも重要なポイントになります。しかしクリニックを選ぶうえでなにより重視しなくてはいけないのが、ボトックスの小顔矯正で使用する製剤です。クリニックを選ぶ時は、アメリカの製薬会社であるアラガン社の製造販売しているボトックスビスタを使用しているところを選ぶようにしましょう。カウンセリングやドクターが重要なのは理解できても、小顔の施術をするのにボトックスの製剤がなぜそれほど重視されるかわからない方もいるかもしれません。同じような効果があるのなら他の安いジェネリック医薬品でも十分代用できる気がしますが、なぜそうならないのでしょうか。その理由のひとつとしては、アラガン社の出す製剤の品質が保証されていることにあります。製造する工程から商品の管理まで厳しい管理の下で行っているのは、アラガン社が販売しているボトックスビスタだけです。ゆえにアラガン社の製品は、日本国内で唯一厚生労働省に認可された製剤となっています。他の発展途上国製の製剤は、いずれもこの基準を満たしていないため厚生労働省からは認可を受けていません。しかもその中には本来の成分以外の不純物の成分比率が大きく、それによって小顔矯正の施術中にアレルギーを引き起こしたり効果が安定しないという弊害が出たりする可能性が指摘されています。整形を受けるうえで安全性や安定した効果を求めるのは誰しも一緒です。そのための条件を満たしているアラガン社のボトックスビスタは、小顔矯正にもっともおすすめできるのはいうまでもありません。

婦人

さまざまな悩みの改善

ボトックス注射で憧れの小顔も夢ではありません。食い縛りなどで成長してしまったエラに打てば、エラの張りが解消されて小顔効果が期待出来ます。気になるシワの改善や汗を抑える効果も期待出来るすごい注射がボトックスです。

カウンセリング

顔を小さくする施術

ボトックスの小顔整形は、薬を使うため効果に個人差が出ます。また現在治療中の病気や体調によっては施術に適さない部分も出てくるので、その場合は医師とよく相談しましょう。そこさえクリアすれば、少ない負担で整形できるので十分メリットがあります。

女性

効果は遅れてやってくる

治療が行われる前、医師とカウンセリングが実施されます。治療に際して不安に感じる点はここで解決してしまいましょう。ボトックス治療は遅効性で、小顔効果が現れるまでに時間がかかります。初めてのときはじれったいでしょうが気長に待ちましょう。

注射

健康効果も備えていた

外科施術と比べて値段が安いボトックスの小顔注射は、忙しい人でも受けやすいのが特徴で、歯ぎしり対策といった健康効果も持ち合わせています。この美容整形治療は、咀嚼に使う筋肉が発達している人をはじめ、顎関節症などでお悩みの方にも向いています。

男性医師

メスを使わない顔の矯正

ボトックスは筋肉に働きかけて縮小させる小顔整形のため、メスを使わずに顔を小さくすることができます。また痛みについても注射する時以外はほとんど感じないうえ、麻酔を使用するのでほぼ問題なく施術が受けられるでしょう。

Copyright© 2018 ボトックスで小顔になってみない?【小顔矯正で使用する製剤】 All Rights Reserved.