ボトックスで小顔になってみない?【小顔矯正で使用する製剤】

メスを使わない顔の矯正

男性医師

痛みは麻酔でカバー可能

ボトックスは、小顔作りに効果を発揮する美容整形です。この方法なら、従来の美容整形のようにメスで切らずに顔を小さくすることも不可能ではありません。メスを使わなくていい理由は使う製剤の作用にあり、注射を打つだけでその部分の動きを止める働きをするからです。一部とはいえ筋肉が動かなくなれば、その部分の筋肉はどんどん縮小していきます。ボトックスはそんな製剤のもたらす作用を利用して、手軽に小顔整形を実現してくれるというわけです。またボトックスは、注射するだけの方法なので傷や痛みもほとんどありません。おかげでダウンタイムの期間も短くてすむので、誰にも気づかれることなく整形をすませることができます。ちなみにボトックスの効果は3日から一週間ほどで現れ、そこをピークにして3ヶ月から半年ほどかけてゆっくり効果が薄れていくのが普通です。効果をキープしたければ、再び施術をすればまた同じような効果が出ます。こんな感じで使い続ければ、長い期間その状態を維持していくことも可能です。この施術法は注射だけですむ簡単なものですが、だからといってまったくノーダメージかといえばそうでもありません。たとえば注射する時には、相応の痛みを伴うこともあります。やはり筋肉に打つ注射ということで、普通の注射より痛みがあるのは避けられません。とはいえその痛みもせいぜい注射針を刺される程度のものなので、我慢しようとすればできないことはないはずです。それでも我慢できない時は、頼めば麻酔を使ってもらうこともできます。麻酔も本格的な手術をする時とは違って、テープやクリームタイプを使うので痛みを感じることなく処置してもらうことができるでしょう。そこさえパスすれば、あとは痛みをほとんど感じることなく穏やかに過ごすことができます。他には施術後に若干の痒みや赤みを伴う程度で終わります。ボトックスの小顔整形の痛みは、他の美容整形をした時におこるような痛みとはほぼ無縁です。これからボトックスで小顔整形をする予定をたてている方は、その点についてはどうか安心してください。

Copyright© 2018 ボトックスで小顔になってみない?【小顔矯正で使用する製剤】 All Rights Reserved.