ボトックスで小顔になってみない?【小顔矯正で使用する製剤】

健康効果も備えていた

注射

この治療に適している人

切開治療では傷が完全に癒えるまで時間も掛かりますが、ボトックスの小顔注射なら、そうしたダウンタイムは殆ど気にする必要がありません。シャワーや化粧は施術当日から可能なので、男女を問わず忙しい時でも手軽に受けられます。また、縫合もしませんから抜糸のために再来院することもなく、特に何もなければ以後の通院は不要です。注射のみで小顔にするため、人目に付く傷痕が残るといったこともありません。さらに、外科手術と比較して値段もかなり安いため、予算的にも受けやすい美容整形です。そのうえ、この治療は咀嚼力を緩める効果があるので、歯ぎしり対策にも応用できます。歯ぎしりは歯を傷めたり、顎関節症という辛い症状を引き起こしたりする原因でもありますから、それを防ぐ健康効果も備わっているのです。そして、ボトックスの効き目はおよそ4か月から半年程度ですが、術後の過ごし方次第では延ばせるようになっています。このほか、ボトックスを肌へ浅く注入すれば、皮膚の引き締め効果で小顔を狙えるのも特徴です。噛む力を緩めて小顔にするため、ボトックスの小顔注射は、エラの筋肉が張っている人ほど効果的です。普段からガムを噛んでいる人や、硬い食感の食べ物を頻繁に召し上がっている人も、この小顔注射が期待できます。それらの食生活ではエラの筋肉を一生懸命トレーニングしているのと同じですので、咀嚼に使う咬筋も発達している可能性が大です。ムキムキに鍛え上げられた咬筋であれば、注射治療であっても、外科施術並みに効果を発揮するとも言われています。そのほか、作業に集中している時など、無意識のうちに奥歯を噛みしめている人も、ボトックスの小顔治療が適している方の特徴です。奥歯を噛んだ時の平均圧力は60Kg前後ともされており、運動の最中なら咬合圧は一層高くなることが知られています。咬筋をかなり酷使している状態ですから、その意味では学生時代にスポーツをやっていた人ほど、ボトックスの小顔注射が向いているかもしれません。もちろん、歯ぎしりや顎関節症などでお悩みの方は、美容目的に関係なく最適です。

Copyright© 2018 ボトックスで小顔になってみない?【小顔矯正で使用する製剤】 All Rights Reserved.